究極のカサカサ脱出法~発見(^。^)y-.。o○

こんにちは♪

アロマセラピー璃音Rion♪

ハッピーセラピストの 簑輪則子です。

乾燥してきていますね~

肌がカサカサしてきて、

かゆかったりということはないですか?

アトピーをお持ちの方は、

かゆみや痛みで眠れないという

方もいらっしゃるかもしれませんね。

かゆいのは、本当につらいですよね~

かかない方がいいよ・・と言われても、

止められませんよね~

実は、

私もアトピーでベッドから起きられず、

かゆみと痛みで眠れない日々を

送っていたことがあります。

かゆさのつらさはよくわかります。

カサカサしていると、

クリームをぬっても、

すぐにカサカサしてしまったりしますよね~

アトピーの場合はなおさらで、

塗っても塗っても、すぐにカサカサになってしまいます。

塗ったクリームやオイルは、

体の中に入ってしまいますから、

肌が食べているようなものです。

こんなにたくさん食べちゃって~と、

ちょっと怖くなりました。

カサカサしない、

しっとりする塗り方はないかな~と、

アトピーを克服しようとする中で、

試行錯誤しました。

そして、究極のいい方法を見つけました。

塗るものを変えたのではなく、

塗る方法を変えただけなので、

今すぐにできます。

また、

何の道具もいらないので、

新たな出費もありません。

塗るという簡単な動作だけなので、

どなたにもできます。

今日にでも、

すぐに試して頂けます。

水分を皮膚に閉じ込め、

痛みとかゆみも、

私は軽くなるのを感じました。

それは、

「お風呂で塗る塗る~しっとりヌルヌル~

究極のカサカサ脱出法」です。

言葉通り、

お風呂で塗ります。

体に水分がついている状態で、

オイルを塗ります。

塗るのは、

クリームよりも、

オイルの方がお勧めです。

クリームは、

水分と油分を人工的にクリーム状にしています。

その際、使われる界面活性剤が、

ホルモンや細胞壁などを傷つける可能性があるそうなので、

クリームを使われるより、

オイルの方がいいでしょう。

この方法でしたら、

水分がついた体にオイルを塗るので、

水分と油分が塗っている間に馴染み、

塗ながらクリームを作っているようなものです。

オイルは、

私は、アロマオイルトリートメントで使っています

ホホバオイルを使いました。

ホホバオイルとは、

アレルギーにも反応しにくい、

においもない保湿性の高いオイルです。

最近では、

アロマのショップでも買えますので、

ぜひ買って、使ってみてください。

精油と呼ばれる、

香りのあるアロマのオイルを加えれば、

サロンで受けられるアロマオイルマッサージに使われる

マッサージオイルになります。

☆精油は、植物から人工的に抽出した

香りのあるオイル成分ですので、

自然界にはない濃い濃度です。

マッサージオイルを創られる際には、

濃度に注意が必要です。

精油を加えなくても、

保湿力がありますので、

ホホバオイルそのままをぬることだけでも、

しっとりします。

湯船の中で塗ってもいいですし、

塗れた状態で、外で塗ってもOKです。

体に水分がついた状態で、

オイルがぬれれば大丈夫です。

体を拭く前に、

塗ってもいいですが、

お風呂の中で、

たっぷりと水分がついた体に塗る方が、

しっとりするようです。

オイルがお風呂の床に付きますと、

滑りやすくなりますので、

床にタオルをひいて塗るなどして、

床がヌルヌルにならないように、

気を付けてください。

湯船にもオイルが浮いてしまいますが、

気にならなければ、

ご家族の身体もしっとりすると思うので、

そのまま、お湯を取り換えず、

沐浴剤のように使って頂くといいかと思います。

「お風呂で塗る塗る~しっとりヌルヌル~

究極のカサカサ脱出法」で、

今日から、

カサカサとサヨナラしてください~

ありがとうございます。

素敵な一日をお過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です